大国家族

ある和菓子屋と、その周りに起こる日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やさしいお菓子をお取り寄せ

先日、facebookで知り合った御菓子屋の象東<ZOTO>さんに頼んで

お菓子を送ってもらいました。

いっぱい2
ちょっと写真が色飛んじゃったりボケ気味だったりですが、とってもキレイで繊細なイメージ


この象東さんは東久留米市の干菓子専門のお菓子職人さんで、

お砂糖に香川や徳島でかなり希少で高価な和三盆糖を使っていて、

もう口に入れるとなんかね、

溶け具合とか、甘さの広がり方というか、沁みこみ方というか、

繊細で優しいんですね。

僕は恥ずかしながら初めて和三盆糖を口にしましたが、まさしく日本の味だなと思いました。

このお菓子の木型を掘っているのが「現代の名工」香川県認定伝統工芸士の市原吉博さん。

この人のドキュメント番組を前にテレビでやっていましたが、かなりすごい人です。

そもそも菓子木型職人っていう方が日本では数人しかいないそうです。

いっぱい1

この象東さんは、お茶席の干菓子としてだけでなく

オーダーメイドでオリジナルの木型を作ったり、、

ウェディングの引き出物やノベルティで出したり、

様々な業種の方とコラボレーションしています。

今後、益々「象東」さんの干菓子を御見かけするんじゃないかと期待しています。

 がんばろー made in JAPAN !!

皆さんも、ぜひチェックしてみてください。→ 象東 ZOTO

鶴亀

象東 三浦さん この度はお忙しいの中、ありがとうございました。
        いつしかお会いできて、一緒に何かをやれたりしたらいいですね!

  1. 2012/02/10(金) 00:13:57|
  2. お菓子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっぱりお店はイイ! | ホーム | すろーらいふ2月号 安東周辺 出ました!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikokuya154.blog133.fc2.com/tb.php/101-d191d323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。