大国家族

ある和菓子屋と、その周りに起こる日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

改めて想う

あの震災から1年が過ぎました。

静岡にいる僕からすればあっという間の1年でしたが

被災されてしまった方、親戚・知人が被災されてしまった方々にとっては

どんな気持ちで過ごされた1年だったのでしょう・・・

僕は3月11日が近づくにつれて、改めてあの震災について思い出し、考えました。

逆に、正直それまでは少し自分の頭からは離れていた、

自分とは離れた問題として見たり聴いたりしているようになってたという気がしました。

この1年で復興がどれだけ進んだかというと、全くと言っていいほど進んではいません。

これは、被災地の方々ががんばるのを、周りで見守るのではなく

やはり周りの僕らががんばっていかないと、歩み寄っていかないと。

「頑張れ東北!」じゃなくて「がんばろう日本!」なんだから。

この先ずっと一緒に歩いていかないと!

よくイベントの収益金、売上の何%を東日本大震災に寄付します。ってありますが

少し前までは、そんなにアレもコレもしなくていいんじゃないの?って思った事がありました。

でも、逆に言っていった方がいいんじゃないかって今は思います。

自分にできること、できたこと。どんどん言い合えば

じゃあ僕も、私も。って、日常にならないかな?

そうして、いつの間にか一緒に歩いて行けないかな?

先日、和菓子の組合で東北の小学校にお菓子を送りました。

いつここ

とっても喜ばれたとのことでした。

また改めて出来る事、考えてやっていこうと思います。

  1. 2012/03/13(火) 00:37:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大変、皆さん事件です! | ホーム | 第2回 五感学校 開催!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikokuya154.blog133.fc2.com/tb.php/106-91b04f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。