大国家族

ある和菓子屋と、その周りに起こる日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

藤浪画伯がやってきた!

今週の木曜日、同じ町内(大岩2丁目)の藤浪画伯が来て

大国屋のスケッチ画を描いてくれました。

彼の画は、まるで写真を観てるようなとても繊細な、それでいて温かい画を描くんです。


fg01.jpg
店の正面から画伯が描いている図 午前10時から描き続け・・・


fujinami gahaku

近所なので、1度自分の家に昼飯食いに帰って、また午後から2~3時間ただひたすら描いていました。
たまに近所のおばちゃんやら小学生やら通行人に話しかけられながら・・・・


店外観
ウチのお店が、こんな感じの外観なんですが・・・


P9135735.jpg
こうなりました!!
スゴイでしょ? 写真みたいでしょ? 繊細でしょ?
僕がスゴイと思ったのは、、下書きをせずにドローイングペンとかいうので一気に描いてっちゃうんです。
一応言っときますけど、画像処理ソフトじゃないですから。

P9135736.jpg
店長ニンマリ。
まだこれから色をつけて来年4月頃に、こんな感じのお店の風景の展覧会をやるそうなので
この画もさらにパワーアップされて展示されます。

fg02.jpg

そして、この人が藤浪画伯。
NHKカルチャーの講師でもあり、中学・高校の美術の先生でもあり、亀山画廊専属の日本画作家さんでもあり、
僕の中学の後輩でもあったのです(笑)

絵心が全くない僕には、ただただ感動するばかりでした。



  1. 2012/09/15(土) 18:29:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お彼岸入りました。 | ホーム | ロシアのお土産>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikokuya154.blog133.fc2.com/tb.php/134-9b7b18c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。