大国家族

ある和菓子屋と、その周りに起こる日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日の「糸切りだんご」

おかげさまで完売いたしました!

いつもいつもありがとうございます。

さてさて、続いて明日は〜☝️

中秋の名月「十五夜」です。

「月見団子」販売します。

そもそも何故「中秋の名月」「十五夜」なのかと言うと、

旧暦でいう七月を「初秋」、八月を「中秋」、九月を「晩秋」と言い、

その中秋である8月の真ん中、15日を「十五夜」と呼び、

今年はその日が明日、9月27日にあたるのです。

月にススキの穂や、萩の花、だんごの他に、里芋などをお供えする事から「芋名月」とも呼ばれています。

「中秋の名月」は1年のなかで最も明るいと言われ、最初は日本の貴族の間で広まり、

江戸時代になると農業などに携わる庶民の間に定着し、十五夜は収穫の感謝祭でもあったようです。


明日は、綺麗なお月さまが観れるといいですね。

どうかな?見れるかな?

大国屋では、毎年「月見団子」をお買い上げの方に、

ススキと萩の花を1本プレゼントしているのですが、

今年は早々に刈られてしまったのか、目当てのススキがなかなか見当たらなかったのと、

取りに行ってる時間も無かった為、早い者勝ちとなってしまいました・・・

どうかご了承くださいませ。

では明日の御来店、お待ちしております。

お月さま、見えるといいなぁ〜

へそ餅 ブログ用

満月ブログ用

IMG_6807.jpg



  1. 2015/09/26(土) 19:03:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日も御来店ありがとうございました! | ホーム | 彼岸明け >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikokuya154.blog133.fc2.com/tb.php/333-dd818142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。