FC2ブログ

大国家族

ある和菓子屋と、その周りに起こる日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月23日は「赤飯の日」!?

知っていましたか?
今日、11月23日は「赤飯の日」なんですって!
なんですってと言ったのも、僕も今日お客さんに言われて初めて知ったからです。
↓こんな意味合いから11月23日が「赤飯の日」に制定されたようです。

以下 全米販コメトピックス ホームページより引用させていただきました

お赤飯のルーツは、今からおよそ2500年前に中国大陸から日本に初めて伝わったお米「赤米」です。

お赤飯は神に捧げるお供え物として、赤米を豊作の祈願として捧げる風習に由来する食べ物です。

邪馬台国や大和朝廷への献上米も赤米が主であったといわれています。

さらに、11月23日は、全国各地の神社で五穀を奉る行事(新嘗祭)が継承されています。

新嘗祭の起源は古く、古事記にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。

皇居では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉ると共に、御自らも召し上がります。

現在では「勤労感謝の日」として、国民の祝日となっていますが、

命の糧を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をしあうことに由来しているといわれています。

よって、11月23日「勤労感謝の日」が『お赤飯の日』にふさわしいとなったわけです。

また、赤い色は邪気を払うというとの言い伝えにより、

本来、凶事に魔を退ける為に食べる風習があった事に由来するようです。

現代では、それが反転して、祝い事の折に食べられるようになったようです。

子供の健やかな成長を祝うときや人生の節目、将来の幸せを祈る行事に欠かせない食べ物となっています。


子供の頃から、おめでたい時には「赤飯」と決まっていたので

何も疑問に思わなかったのですが、そういう事だったんですね。

当店のお赤飯も、お客さんに結構喜ばれています。

何かのお祝いの時には、どうぞ宜しくお願い致します。

赤飯 

  1. 2017/11/23(木) 18:00:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 駐車場の舗装工事、完了!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikokuya154.blog133.fc2.com/tb.php/391-9a04af9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。